2016.12.20

【和紙原料の歴史】

一般的に伝統的な和紙の原料は楮となっております。

しかし、実は楮の前は「あさ」が使われていたようです。


「古くはあさ、楮、雁皮などの繊維が使われました。」
「あさはくわ科の一年生草本で、山野のいたるところで採集できたので和紙の中心的原料でしたが、原料処理に非常に手間がかかるため、次第にその使用料は減少しました。」
(参照:「和紙の手帖」)
http://www.tesukiwashi.jp/p/techo1.htm

現在弊社でも使用する「あさ」はマニラ麻ですが、日本にも「あさ」がいたるところで採集できたんですね!

ぜひ、日本産「あさ」の和紙も抄いてみたいものですね!

【HP】http://www.marujyu-mino.com/
【FB】https://www.facebook.com/marujyu.mino
【TW】https://twitter.com/MarujyuPaper
【G+】https://plus.google.com/101101181569808360760
【Istgrm】https://www.instagram.com/marujyu_paper_company/
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCqbcD-xG41RC26n4TePkahg
【Blog】http://marujyu-mino.com/blog/

15540696_1359213067443090_8427222104411088730_o