2019.3.6

【岐阜新聞「素描」第1回】

おはようございます!
今朝も美濃和紙の里からお知らせです。


今日から8週にわたり岐阜新聞のコラム「素描」の水曜日を担当させていただきます。

第1回目のタイトルは、企業使命にもなっている「美濃と和紙を元気に」。

使命が生まれるまでの経緯を綴ってありますので、ぜひご一読いただけると幸いです。


以下、文章↓

タイトル:「使命との出会い」

「美濃と和紙を元気にする」。これは私が心の中心に置いている使命です。そんな使命に出会ったのは、10年ほど前、家業である丸重製紙企業組合を継ぐため、生まれ故郷の美濃市に帰ってくるタイミングでのことでした。

当初は、家業を継ぐ気はあまりありませんでした。そのため、前職も紙とは無関係のベンチャー企業に勤めていましたが、幸運なことに東証マザーズへの上場、さらには東証一部への上場という刺激的な経験をさせてもらい、〝ベンチャー魂〟を色々と学ばせていただきました。

そして自然と「起業したい」という思いも強くなっていきました。しかし、何の仕事で起業するのか―、何のために起業するのか―という大切なものが無いことに気付き、その一歩を踏み出せずにいました。

そんな時、当時丸重製紙の代表だった父から「そろそろ帰ってこないか」という声が掛かりました。その時は「和紙は衰退産業だし儲からなそう」というのが素直な気持ちでした。しかしふと、「ゼロからの起業ばかりがベンチャーではなく、衰退産業を盛り上げるのもベンチャーではないか」「いずれ関連事業で起業すればいいのではないか」と考えたら、やる気が出てきました。

さらに「会社を盛り上げたら地元も元気になるのではないか」と思うに至り、妙にわくわく感が出てきたことを今でもはっきりと覚えています。そして、美濃和紙を売るためには、まずは美濃を売らなければならないと感じるようになり、自然と「美濃と和紙を元気にする」という言葉が生まれました。使命と出会った瞬間でした。

それでは!今日も美濃と和紙を元氣にする為に顔晴ります!

丸重製紙企業組合
3代目理事長 辻晃一(懐紙作家)

《美濃と和紙を元氣する会社》
~機械抄き美濃和紙メーカー~
丸重製紙企業組合(Marujyu Paper Company)
【住所】501-3784 岐阜県美濃市御手洗464
【電話】0575‐37‐2329
【FAX】0575‐37‐2339
【Mail】info@marujyu-mino.com
【HP】http://www.marujyu-mino.com/
【FB】https://www.facebook.com/marujyu.mino
【TW】https://twitter.com/MarujyuPaper
【Gb】http://marujyupapercompany.business.site/
【G+】https://plus.google.com/101101181569808360760
【Blog】http://marujyu-mino.com/blog/
【Istgrm】https://www.instagram.com/marujyu_paper_company/
【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UCqbcD-xG41RC26n4TePkahg

《その他》
丸重製紙の活動
【和紙ブラザーズ】https://www.facebook.com/washi.brothers/
https://www.instagram.com/washi_brothers/
【懐紙ブランドKAI】https://www.facebook.com/kaishipaper/
https://www.instagram.com/kai_kaishipaper/
【懐紙作家】https://www.facebook.com/kaishiartist/
【和紙レンジャー】https://www.facebook.com/washirenger/

《お問合せ》
info@marujyu-mino.com

美濃 和紙 美濃和紙 懐紙 懐紙作家 透かし 丸重製紙 和紙ブラザーズ 美濃と和紙を元氣にする会社 #製紙 製紙工場 #せいし 働き方改革 #SDGs 工場見学 #mino #washi #minowashi#japanesepaper #marujyupapercompany #papermill #kai #kaishi #岐阜新聞 素描 コラム 執筆