2018.3.15

【古民家活用事業】

おはようございます!
今朝も美濃和紙の里からお知らせです。
 
昨日の中日新聞・岐阜新聞両紙に、美濃市の古民家(旧松久邸、須田万右衛門邸)の活用に関する記事が掲載されておりました。
 
記事にある通り、このたび丸重製紙では株式会社NOTEと共同でこの2施設を運営する運びとなりました。
 
主な事業は古民家を活かした宿泊施設となりますが、丸重製紙がメインで担当するのは「和紙販売拠点」となります。
 
美濃を和紙の産地から“集積地”へ!
 
経営使命である「美濃と和紙を元氣にする会社」に向けての大きな挑戦です!
 
それでは、今日も美濃と和紙を元氣にする為に顔晴ります!
 
丸重製紙企業組合
3代目理事長 辻晃一
 
《美濃と和紙を元氣する会社》
~機械抄き美濃和紙メーカー~
丸重製紙企業組合(Marujyu Paper Company)
【住所】501-3784 岐阜県美濃市御手洗464
【電話】0575‐37‐2329
【FAX】0575‐37‐2339
【Mail】info@marujyu-mino.com
 
《その他》
丸重製紙の活動
【和紙ブラザーズ】https://www.facebook.com/washi.brothers/
【懐紙ブランドKAI】https://www.facebook.com/kaishipaper/
【和紙レンジャー】https://www.facebook.com/washirenger/
 
《お問合せ》
info@marujyu-mino.com
 
#美濃 #和紙 #美濃和紙 #丸重製紙 #美濃と和紙を元氣にする会社 #製紙 #製紙工場 #働き方改革 #古民家 #古民家ホテル #和紙販売店 #観光 #産業観光 #観光ツアー #mino #washi #minowashi #japanesepaper #marujyupapercompany #factory #factorytour #tourism